2017年09月24日

迷惑行為

奈良県の公園でサバイバルゲームを行うことを「問題なし」とブログにて公開し、今なお訂正しない不届き者がおります。

彼らの迷惑行為が公園でのサバイバルゲームのみに飽きたらず、あまりに酷いと判断したため公開いたします。

※出典は書けません(誰がウェブ上に公開しているのか個人が特定できるため)が、ウェブ上に公開されている写真を抜粋してきました。

ボウリング場にての一枚です。



ボウリングシューズを履かずにアプローチへ上がっています。これはれっきとしたマナー違反です。

※説明不要かとは思いますが、アプローチが汚れます。
※次に投球される方に危険が及びます。(滑ったり躓いたりする可能性が上がります)
→万が一それが原因で怪我をされる方がいたら、怪我をした方が暫くゲームを楽しめない上に一緒に参加している方にも迷惑になります。
※趣味程度にボウリングを行っている人でさえ、トイレに行くためにわざわざ靴を履き替えてアプローチ上を綺麗に保とうとしています。その様な人たちに対する冒とくでしかありません。


これだけ人数がいて誰も注意しないのでしょうか。参加しない子どもであったとしても、アプローチ上へ連れて行くのであれば抱くなり方法はあると考えます。一般の靴を履いてアプローチへ入れている時点で迷惑以外の何物でもありません。
参加していたであろう大人も一般の靴を履いているのでその様な意識が皆無なのだと考えられます。いくらお金を払っていたとしても、競技を行う場所を安易に汚す行為は許されざる行為です。



続きまして、BBQを行った際の写真です。




もはや何も言う事はありません。
公共の場所に落書きを行うなど言語道断です。どう見ても壁に傷をつけています。

最後に、再度ボウリング場の写真です。



公共の場所に落書きを行った際に履いていたサンダルを履いてアプローチに上がっています。




日常的に問題行為を起こしても、すぐさま取り締まられなければ、問題なしとする態度に遺憾の意を表します。






常識の範囲内で分かりそうな事もすべて看板の設置などを行わないと駄目なのでしょうか。
一般の「サバイバルゲーマー」に害のない様な活動をしてくれれば良いと思っていましたが、一般の方「すべて」に迷惑のかからない様にして頂きたいものです。


  

2017年09月24日

活動記録その2

活動記録その2


奈良県の公園でサバイバルゲームを行うことを「問題なし」と公開し、今なお訂正しない不届き者がおります。その不届き者達が、マルチの勧誘の為にサバイバルゲームを行っているとの情報を入手したのでその事が許されるのかを確認してきました。

消費者生活センター
引用元:http://www.kokusen.go.jp/ncac_index.html


消費者生活センターへ行って聞いてみました。


マルチ勧誘の為にサバイバルゲームを行う事について、非常に合理的だと感心しておられました。


・サバイバルゲームは一人ではできない。
・周囲をマルチの勧誘員で固めても(チーム)不自然ではない。
・マルチに使っている商品を周りに置くことで相手から「コレなんですか?」と聞いてもらう事が出来る。
→相手から聞きに来た為、勧誘しに行った事にならない
・フェイスブックやブログに掲載することで楽しい事やっていますというアピールが出来る。

※消費者生活センターとしては、マルチ商法自体をやめて頂きたい。
・現状ではマルチ商法は非合法ではない(特定商取引法の制約は受ける)。
・マルチ商法自体に問題がある為、特例措置が設けられている。
例:クーリングオフ期間 通常8日 マルチ20日

※消費者生活センターとしては、マルチ商法をやめて頂きたいが情報が少ない。
・マルチの勧誘方法が多岐にわたり(次々と新しい方法を編み出すため)注意喚起を行う事が難しい。
・マルチに勧誘されたが、「断った」「無事に抜けた」「実害がなかったor少なかった」人は相談に来ない為、実態が掴めていない。
マルチの勧誘方法等を報告してもらえば記録に残すことが出来る。
→記録が集まれば注意喚起の種類を増やせる。



現状違法ではありませんが、今後法改正・規制強化されたら活動できなくなります。
→収入はゼロになる事も有り得ると言う事を念頭に入れて勧誘される方・新規参入される方は行動して頂きたいと思います。


最後に、違法ではない・直ちに取り締まれないという理由で公園でサバイバルゲームを行う事と同じだと感じました。

白川ダム

本当に問題が無ければ、上記の様な看板が作られる事もなかったものと考えます。

当人達の残した痕跡は今でも確認できます。



足元拡大



自分達だけが良く周りに迷惑をかけても、取り締まれない為「問題なし」とする事に遺憾の意を表します。迷惑だと感じる人がおり、その事で規制強化等がされる前に自粛される事を切に願います。


  

2017年09月04日

活動記録

活動記録
奈良県の公園でサバイバルゲームを行うことを「問題なし」とブログにて公開し、今なお訂正をしない不届き者がおります。彼らの主張が正しいのかを確認するために奔走した記録を公開します。




警察署
 名前を出されている方が実在しました。
 ただし、受付をされている方で相談内容によって、関係部署へ連絡を取り引継ぎをする方でした。
→スナップショットの様な別室で相談をしたという内容には疑問しか残りませんでした。

 因みに、録音する事すら拒否されてしまいました。その中で内部の写真を撮らせてもらえたとは到底考えられないです。

※警察には守秘義務がある為、該当人物が来たかどうか・書類の提出があるかどうか等一切教えてもらえませんでした。「教えてもらえない」=「受理がない」と言う認識は甚だ疑問が残りました。

 複数の警察署に確認してみたところ、同一見解でした。
 警察の職務として公園でのサバイバルゲームを取り締まる事は、「第三者」からの申告では難しく「当事者(被害者・目撃者・土地所有者等)」からの申告だと動ける様です。犯罪が起こってから動く機関が警察である為、聞きに行った段階(証拠を見せた段階)で犯罪行為が行われていない以上取り締まるべき犯罪が現認出来ないからです。
 ただし管轄エリア内で同様の事案があったと仮定した場合『「犯罪の未然抑止」の観点からパトロールを行い危険行為が確認できたら取り締まるという流れになります。』という見解でした。

市役所
 名前を出されている方が実在しました。
 書類を提出したとされている課と全く別の課であり、当然管轄外でした。管轄していない課で何を確認したのか理解に苦しみました。コメントのしようがありません。
 管轄している課では、使用申請も無ければ許可も出していないとの事でした。該当箇所にてBB弾やエアガンのパーツを回収しており、問題自体は把握しているとの事でした。

問題を把握している時点で告発した人が確認に行く前におり、かつ現地調査も行われていた為その様な回答なのだと考えられます。

※公務員には守秘義務がある為、詳細を知ることは当然できませんでした。

公園管理事務所
※公務員には守秘義務がある為、確定的な情報は得られませんでした。

 万が一サバイバルゲームを行うのであれば、下記の条件をクリアしてください。
・数名で行う事。
・BB弾を含むゴミを片づける事。
・警察に届け出を出して行う事。
・他の人に危害を与えないような措置を講じる事。

 上記の内容を伝えたにも関わらず、「問題なし」とのブログを見て「大いに問題あり・上と相談します」との事でした。該当ブログの投稿者の連絡先を聞かれましたが存じ上げませんと返答しております。

確認
・数名:人によって認識が違うので何とも言えません。
・BB弾を含むゴミ:発射する弾の数・飛距離等を考えると到底回収できるとは思えません。ましてや夜間に行う事は到底不可能だと考えます。
・警察に届け出:本人が届け出が必要か確認しに行っている段階で行っていないものと考えます。
・危害を与えない措置:本当に措置を取るのであれば、ゲーム場所全体に仕切りを行い流れ弾が出ないような措置を講じる必要があります。その為には、工事の許可を取って設置作業を行わなければならないのでその様な事が出来るとは到底考えられません。

→実際問題、公の場所で合法的にサバイバルゲームを行うことは無理だと感じました。



奈良県
 奈良県として使用許可を与えていません。
 常識的な話として公共の場所でのサバイバルゲームはやめて頂きたいです。
 エアガンによって植樹されている木等が破損した場合、器物破損に当たります。

※「一般からの白川ダムサバイバルゲーム問題についての問い合わせがあれば、個別に奈良県の公式な見解を回答する。」と河川課から回答を頂いております。


白川ダム


「良識的のある行動」と書かれている事からも奈良県で聞いた話を反映しているものと思われます。



 サバイバルゲームを禁止する看板が建った以上、警察が「当事者(土地の所有者・管理者)からの申告」を元に動くことが可能になっていると考えられます。上記4か所は連携を取っているとの事でしたので、深淵を覘きたい方は警察へ行ってみるのはいかがでしょうか。


再度書きますが、一般のサバイバルゲーマーに不利になるような事をする方々に遺憾の意を表します。  

Posted by 援護  at 00:00公園サバゲ奈良県天理市警察白川ダム

2017年09月02日

告知

土日中に、本件を最初に告発した人あるいは、本件の当事者から、何らかの反応がない場合に今回の件について調べた際にわかった事を報告します。

※公開不能な情報が多大に含まれる為、公開可能と判断した情報に限定します。  

Posted by 援護  at 07:30公園サバゲ奈良県天理市警察白川ダム

2017年08月30日

問題確認

奈良県にて公園サバゲをしている一団がいるとの報告を受け、かつその一団が自分たちのしている行為を正当化しているとの事ですので、ご報告します。

白川ダム


該当場所に、「サバイバルゲーム」と明言した立て看板が設置されておりました。

問題発覚当時に確認しに行った際には無かったので、行政が動いたものと思われます。

一人のサバゲーマーとして、他のサバゲーマーに不利になる行為をする方々に遺憾の意を表します。


※一部この問題を最初に取り上げた方と私が同一人物だと騒いでいる方がおりますが、全くの別人です。最初に取り上げた方の言っていることが正しいのかを確認する為に何度か現場を見に行った際に気が付いたのでご報告している次第です。
※最初に取り上げた方のミリブロが(第三者の目から見ると)不当に削除されるなどしている為に、独自に確認作業をしていた私が告知の機会を失ってしまっているかもしれない方に代わって報告をしているにすぎません。本来であれば、本人が一番報告をしたかったのではないでしょうか。

→本人復活が確認できた場合、こちらの記事は削除させていただきます。別途要請があれば対応を検討します。
  

Posted by 援護  at 23:53公園サバゲ奈良県天理市警察白川ダム